ブログ

  1. 短期滞在

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。既にご存知の方が大半かと思いますが、日本に短期滞在(90日以内の滞在)する場合、居住地を管轄する日本大使館/総領事館(または、最寄りのビザ代理申請機関)への申請が必要となります。

    続きを読む
  2. 行政書士のお仕事

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。今更ですが、「行政書士」という職業は知っていても、何をしてくれる人なのか。ということをご存じない方が多いかと思いますので、再度ご案内したいと思います。

    続きを読む
  3. 人とのご縁

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。昨日は、とても大切な方々とお会いする会があり、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。常に思うことですが、本当に人とのご縁は大切だなと。

    続きを読む
  4. 在日外国人が海外の家族を呼び寄せるには

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。日本で「技術・人文知識・国際義務」「経営・管理」「技能(コックさん)」他などで在留している外国人が母国の家族を呼び寄せたいとき(その外国人の扶養を受けて滞在することになります)は、その方の配偶者又は子供に限られます。

    続きを読む
  5. 在留外国人が一時的に出国する際の手続き

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。日本に在留している外国人が出国すると、基本、それまで有していた在留資格、在留期間も消滅してしまいます。

    続きを読む
  6. 外国人が日本の会社を設立するには

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。外国人が日本で会社を起こしたり、外国人を役員として就任させたい場合の資格があります。まず、外国人が日本で会社を経営するには、事業所が日本にあることが必要です。

    続きを読む
  7. 障害福祉サービス施設指定申請手順

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。障害福祉サービス施設指定申請にはどういった手順が必要なのでしょうか。市区町村によって異なってきますが、川崎市は、以下の手順となります。

    続きを読む
  8. 外国人労働者を雇用した際の企業側の手続き

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。外国人を雇った際に雇主側がする手続きがあります。雇用対策法では、事業主に外国人の雇用状況の届出を義務付けと、外国人労働者の雇用管理の改善や、再就職支援の努力義務を課しています。

    続きを読む
  9. 就労ビザ「通訳」が他の仕事もできるのか?

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。会社に通訳として就労ビザを取得し、滞在している方が同時に販売、営業もできるのか。答えは、できません。日本に在留している外国人は、一人一つの在留資格をもっています。

    続きを読む
  10. 在日外国人同士に赤ちゃんができたらすること

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。在日外国人同士のご夫婦に赤ちゃんができた場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。外国人同士の赤ちゃんは日本国籍を有しておりませんので、日本にいるための資格(在留資格)を取得しなければなりません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る