外国人ビザ申請

  1. 在留資格に「介護」が創設されます

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。H29年9月1日より、在留資格(外国人が中長期日本に滞在する為に必要な資格)に、「介護」が追加されます。

    続きを読む
  2. 外国人を調理師として雇うには

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。外国人を調理師として雇うには、日本にはない、その外国特有の「熟練した技能」を持つことが必要となります。日本料理屋で外国人を調理師としては雇えません。

    続きを読む
  3. 外国人留学生

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。今、日本へのベトナム人留学生が急増していますが、同時に、留学中に日本人と結婚し、留学ビザ➡他の在留資格に変更する方も多いそうです。そして、そこで問題発覚があったり、諸々あるようです。

    続きを読む
  4. 外国人の民泊

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。ここ最近の外国人旅行客の増加により、外国人観光客と民家を結びつける「民泊」の需要が高いようですね。

    続きを読む
  5. 外国人雇用

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。先日、ある企業を訪れた際に、外国人雇用は人事がしているが、何かと手続きが面倒で、行政書士のような専門家がフォローしてくれると助かる。とおっしゃっていました。

    続きを読む
  6. ビザとは?

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。近年、観光目的で日本を訪れる外国人が急増していますが、短期滞在で必要なビザ(3ヶ月以内の滞在)と、中長期滞在でのビザ(入国管理局で手続きするビザ)とでは何が違うのでしょうか。

    続きを読む
  7. 在留資格「介護」

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。日本では、経済連携協定(EPA)に基づき、H20からインドネシア人、H21からフィリピン人、H26からベトナム人を外国人看護師・介護福祉候補者として受け入れてきました。そして、技能実習制度でも介護の追加を検討中です。

    続きを読む
  8. 外国人の雇用について

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。現在、外国人を雇用する企業が増えていますね。少子高齢化で将来的には現役で働く人を確保することが困難な状況になり、外国人の雇用が益々増えると予想されています。

    続きを読む
  9. 外国人

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。現在の日本では、世界中の料理を気軽に食べることが出来ますよね。私の自宅周辺でも外国のレストランが立ち並んでいます。中でもインド料理店がダントツに多いです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る