外国人ビザ申請

  1. 外国人が日本で会社を経営する場合

    外国人が日本で会社を経営したい場合事業の経営や管理に実質的に参画していなければなりません。その内容が該当するかどうかは、実際に行う業務の内容が確認され、判断されることになります。

    続きを読む
  2. 永住権を取得するための条件

    永住権を得たいときの条件とは永住権を取得すると、就労制限がなくなり、更新の必要もなくなります。永住権を取得しますと、更新の度に不許可の不安や、就労制限から解放されることができます。

    続きを読む
  3. 外国人が留学から就労を希望する場合

    留学から就労への変更申請日本の学校を卒業し、就労を考えている外国人は、就労ビザへの変更が必要になります。就労ビザと言いましても従事する仕事の内容により、該当する資格が異なってきます。

    続きを読む
  4. 外国人の身元保証人とは

    身元保証人の責任とは在留資格を得るときに、身元保証人にはどういった責任が問われるのでしょうか。在日される外国人が安定的、継続的に滞在できるようにサポートする方です。

    続きを読む
  5. 在日外国人が親を長期で滞在させたい場合

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。

    続きを読む
  6. 外国人がフリーランスでお仕事する場合

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。外国人が企業で働かずに、通訳者、翻訳者やその他フリーランスでお仕事をする場合でも、お仕事の安定性や特定の機関との契約期間(継続的契約)などにもよりますが、技術人文知識国際業務の在留資格を取得することは可能だと思います。

    続きを読む
  7. 外国人雇用の際に気をつけること

    るご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。企業で外国人を採用したいときは、就労ビザを取得することが必要となりますが、その前に、雇用契約を結ぶ必要があります。なぜなら、入国管理局に雇用契約書を提供する必要があるからです。

    続きを読む
  8. 難民認定制度とは?

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。「難民認定」の「難民」とは、以下のことを意味します。

    続きを読む
  9. 短期滞在

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。既にご存知の方が大半かと思いますが、日本に短期滞在(90日以内の滞在)する場合、居住地を管轄する日本大使館/総領事館(または、最寄りのビザ代理申請機関)への申請が必要となります。

    続きを読む
  10. 在日外国人が海外の家族を呼び寄せるには

    ご訪問いただきありがとうございます。行政書士の齋藤広美です。日本で「技術・人文知識・国際義務」「経営・管理」「技能(コックさん)」他などで在留している外国人が母国の家族を呼び寄せたいとき(その外国人の扶養を受けて滞在することになります)は、その方の配偶者又は子供に限られます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る